圧倒的な使いやすさ!WordPressテーマ「SWELL」公式サイトをみる!

アレクサが進化!ディスプレイ画面が回転する「Echo Show 10」は超優秀

アレクサが……動いた……!!

2021年、アレクサ搭載のスマートディスプレイは大きな進化を遂げました。

最新機種「Echo Show 10」では、なんとアレクサが動くようになったのです。

「Echo Show 10」の新機能「モーション機能」は、人を認識して追いかけるようにディスプレイ画面が回転。「アレクサ!」と呼べば、あなたの方へくるんと振り向いてくれます。

この記事では、アレクサ大好きユーザーの筆者が「Echo Show 10」の使い心地をレビュー。良いところ気になるところ、まとめて紹介します!

アナログ子

Echo Show 10を使うようになって、さらにアレクサ好きになりました!

Echo-Show-10
「スマートディスプレイ|Echo Show 10」

アレクサと快適生活|Echo Show 10

オススメ度|

アレクサ搭載の「Amazon Echo」シリーズ最新機種。 離れて暮らす家族や友人とのビデオ通話や、プライムビデオなどの動画サービスを楽しみたい方におすすめのモデルです!

目次

Echo Show 10はディスプレイ画面が350℃回転!|モーション機能

出典|Amazon Japan Official

Echo Show 10の特徴は、何といっても動くこと。

これまでAmazonで発売されていたEcho Showシリーズは、スピーカーとディスプレイ画面の一体型でした……。しかし、Echo Show 10は違います。

正面から見たEcho Show 10

echoshow10-frontside
「正面から見たEcho Show 10」

後ろから見たEcho Show 10

echoshow10-backside
「後ろから見たEcho Show 10」

からだのような円柱部分がスピーカー、そこにディスプレイ画面がくっついています。スピーカーとディスプレイ画面が別々になったのですね。

頭でっかちなかわいいフォルム。

そしてこのディスプレイ画面……

動  き  ま  す  !

モーション機能

Echo Show 10だけの新機能「モーション機能」は、ディスプレイ画面が左右に350℃回転。アレクサが人の動きを認識して追いかけてくる追従機能です。

「ディスプレイ画面が追いかけてくるモーション機能」

アレクサがディスプレイ画面を合わせてくれるので、もう自分で動かす必要がありません。

これまでも便利でしたが、Echo Show 10は動くようになったことで未来のロボット感さらにアップ。Amazon Echoシリーズのなかでは、アレクサの操作が断トツで楽しいです。

アナログ子

「アレクサ~!」と声をかけると画面を動かしてくれるので楽ちんです

Echo Show 10では、アレクサが人の動きを認識。ディスプレイ画面を自動的に動かしてくれる

Echo Show 10の「アレクサができること」

echoshow10-feature
「Echo Show 10のアレクサができること」

Echo Show 10の基本スペックと、モーション機能によって新たに追加された「アレクサができること」を紹介します。

Echo Show 10の基本スペック

echo-show-10
「Echo Show 10」

大きさ|25.1㎝(幅)×23㎝(奥行き)×17.2㎝(高さ)

重さ|2,560g

スピーカー|ステレオ+ウーファー

ディスプレイ|10.1インチ タッチパネル

世代|第3世代

特徴|くるくる回転する

価格|\29,980(税込み)

ディスプレイ画面が大きいため、結構重たいです。

スピーカーはステレオ。さらにウーファーがついており、迫力のある音が楽しめます。

Echo Show 10の底面

echoshow10-bottom
「Echo Show 10の底面」

付属品の電源コードは、底面から接続。ふちが滑りにくいゴムのような素材になっており、安定感があります。

ディスプレイ画面が回転しても、倒れたりする心配はありません。

横から見たEcho Show 10

echoshow10-beside
「Echo Show 10はディスプレイ画面の角度調整可能」

Echo Show 10はディスプレイ画面の角度調整ができる

上の写真の左側はディスプレイ画面を一番下向きにしたとき、右側は上向きにしたときです。Echo Show 10はディスプレイ画面を上下に動かして、角度調整ができるようになっています。

じつはEcho Show 5 ・Echo Show 8は、角度調整するために専用スタンドを別途購入しなければいけませんでした。本体だけで、見やすい角度調整できようになったのはうれしいですね。

アナログ子

スタンドを購入しなくても、角度調整できるようになったんだね

Echo Show 10はディスプレイ画面を上下に動かして角度調整可能!

Echo Show 10の「アレクサができること」

続いて、Echo Show 10のアレクサができることを紹介します。

  • ビデオ通話で常に映るように自動調整
  • お部屋の様子をチェックする見守りカメラ機能
  • アレクサはスマートホーム推し!

ビデオ通話で常に映るように自動調整

echoshow10-camera
「Echo Show 10のカメラ」

Echo Show 10を使ってビデオ通話するときは、自分が画面からはみ出ていないか心配する必要はありません。アレクサが話をしている人に合わせて、自動で動いて画面を拡大縮小。

いつでも自分が画面の中央にくるようにしてくれます。

アナログ子

動きながら話してもだいじょうぶだよ!

お部屋全体をチェックする見守りカメラ機能

スマホにアレクサ(Alexa)アプリを入れておけば、お部屋の様子をチェックする見守りカメラとして使えます。

スマホからEcho Show 10のディスプレイ画面を動かしたり、ズームして見たりできますよ。

  • 外出先からペットの様子を確認したい
  • 寝ている赤ちゃんの様子を見たい
  • 防犯カメラとして使いたい

Echo Show 10はお部屋全体をチェックできるので安心ですね。

アレクサアプリ

Amazon Alexa
Amazon Alexa
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

アレクサはスマートホーム推し!

Echo Show 10には、Zigbee(ジグビー)スマートホームハブが内蔵されています。

Zigbee(ジグビー)というのは、BluetoothやWi-Fiのような無線通信規格のひとつ。消費電力が低く、ひとつのネットワークに多くのデバイスを接続できるのが特徴です。

「アレクサ、デバイスを探して」と言えば、対応のスマートデバイスに自動で接続してくれますよ。有名なのは、Philips Hue(フィリップスヒュー)のスマートライト。

まだZigbee対応デバイスは少なめですが、今後さらに増えるはず……。スマートホーム化の夢が広がりますね。

アナログ子

スマートホーム化に向けて、ぜんぶ集めたくなっちゃいます

スマートリモコンやスマートプラグを使えば、Zigbee対応していない家電もアレクサと接続可能です

スマート電球LED

目覚ましライト

LEDテープライト

Echo Show 10の気になるところ

ここまでEcho Show 10の新機能など、良いところに注目して紹介してきました。しかし実際に使っていると、気になるところも出てきます。

Echo Show 10は置き場所選びが難しい

ディスプレイ画面が動くため、置き場所に十分なスペースが必要

Echo Show 10に必要なスペース

echoshow10-checksheet
「Echo Show 10が動く範囲のチェックシート」

およそ直径36㎝の範囲には、Echo Show 10以外は置くことができません。コップなどを置いていると、ぶつかって飲みものをこぼしてしまう可能性も……。

Echo Show 10が動く範囲を確認できるチェックシートが、本体と一緒に届きます!置き場所を決めるときに役立ちますよ。

広いスペースが見つからないときは……

camera-stop
「モーション機能停止」

どうしても十分なスペースがない場合は、モーション機能・カメラ機能を停止させて、ディスプレイ画面を動かないようにすることも可能。

でもせっかくEcho Show 10を使うなら、ディスプレイ画面を動かしたいですよね……。あらかじめEcho Show 10の置き場所を決めてから、購入するといいかもしれません。

アナログ子

広いスペースを確保しないといけないのね

Echo Show 10には、直径36㎝のスペースが必要。置き場所を考えてから購入するのがおすすめ

電源コードは白色しかない

white-code
「電源コードは白色一択」

Echo Show 10のカラーは2種類あって、グレーシャーホワイトとチャコールどちらかを選ぶことができます。私はチャコールを購入したのですが、付属品の電源コードはなぜか白色!

どちらのカラーを選んでも、電源コードは白色しかない

困ることはないけれど、チグハグな感じがして地味に気になります。Echo Show 5・Echo Show 8は、本体のチャコールに合わせた黒いコードだったのになぜなんだ……。

コードの色違いが気になる場合は、チャコールよりも「グレーシャーホワイト」を選ぶ方がいいかもしれませんね。

統一感のある見た目にこだわるなら、グレーシャーホワイトのEcho Show 10がおすすめ

グレーシャーホワイトのEcho Show 10

進化していくアレクサに未来を感じる

今回は、Amazonのスマートディスプレイ「Echo Show 10」を紹介しました。

もともとEcho Showシリーズを使っていたのですが……

はじめてディスプレイ画面が動くEcho Show 10を見たときは、テンション爆上がりしました!画面を自分で動かす必要がなくなったので、「本当に声だけで操作しているなぁ」と感じます。

簡単にまとめると……

  • 人の動きに合わせてディスプレイ画面が回転する
  • ディスプレイ画面の角度調整ができる
  • ビデオ通話では常に映るように自動調整
  • お部屋の見守りカメラとして活用できる
  • Zigbeeスマートハブが内蔵
  • Echo Show 10の置き場所には十分なスペースを

Echo Show 10はディスプレイ画面が動くので、アレクサの操作自体が楽しいです。これまでのEcho Showシリーズのなかで、1番の使い心地!!

在庫が少ないのか売り切れになっていることもあるので、気になっている方は早めにAmazonでチェックしてみてください。

Echo Showシリーズには、「Echo Show 10」のほかに「Echo Show 5」「Echo Show 8」があります。それぞれの違いを比較していますので、ぜひチェックしてみてください。

合わせて読みたい「Echo Showシリーズ」3機種の違いを徹底比較!|3つのポイントで選ぶ

Echo-Show-10
「スマートディスプレイ|Echo Show 10」

アレクサと快適生活|Echo Show 10

オススメ度|

アレクサ搭載の「Amazon Echo」シリーズ最新機種。 離れて暮らす家族や友人とのビデオ通話や、プライムビデオなどの動画サービスを楽しみたい方におすすめのモデルです!

アナログ子
「アナログな自分から変わりたい」アナログ子です。機械オンチで、よく物を壊します。ブログ、WordPress、ライティングなどの勉強中。

気になったこと、良かったことなどを記事にまとめています。好きな食べものは「焼いも」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる