圧倒的な使い心地!進化し続けるWordPressテーマ「SWELL」公式サイトをチェック!

【SWELLの評判は本物】最強の使い心地!SWELLの感想と良かった&気になる点

swell-review

「SWELLは使い心地が最高!」という評判を耳したことはありませんか?よい評判を聞くと使ってみたくなりますよね。しかし、いざテーマ変更するとなれば勇気がいります……。

  • 使いやすいという評判は本当?
  • わたしにもうまく使いこなせるかな?

「こんなはずじゃなかった」と後悔しないために、SWELLを使っている人の感想が知りたい……という理由で、この記事まで辿りつかれたのだと思います。

当サイトも悩んだ末に「Cocoon」から「SWELL」へ乗り換えたSWELLユーザーです。実際に使ってみた感想は「本当に評判通りの使い心地!」(現在も愛用中です!)

この記事では、SWELLへ乗り換えた理由と実際の使用感、そして気になったところもお伝えします。SWELLを購入するか迷っている方は、ぜひ続きをご覧ください。

目次

SWELLは「使いやすさ」を徹底的に追求したWordPressテーマ

swell-banner

圧倒的な使い心地のWordPressテーマ「SWELL」

テーマ名|SWELL

価格|\17,600(税込)

利用制限|なし(複数サイトOK)

特徴|ブロックエディタ完全対応・独自ブロック・高速化機能

ユーザーサポート|あり

おすすめ度|

※2021年7月13日現在

「SWELL」は、2019年から発売開始された有料のWordPressテーマです。開発者は了さん(@ddryo_loos)、SWELL以外にもWEB制作者向けのテーマ「Arkhe」・プラグイン「SEO SIMPLE PACK」などを開発されています。

SWLLのコンセプトは「シンプルなのに、高機能」、ユーザーの使いやすさを徹底的に追求されています。具体的には、つぎのような特徴があります。

SWELLの特徴
  • ブロックエディタに完全対応
  • 直感的な操作でブログデザインできる
  • サイト表示高速化
  • ユーザーサポートあり
  • 記事執筆に集中できる

ブロックエディタの使い心地はもちろん、その他にもブログ運営のために厳選された機能が搭載されています。WordPressに詳しくないブログ初心者さんにも、本当に扱いやすいテーマになっていると思いますよ。

「Cocoon」から「SWELL」へ乗り換えた理由

swell-cocoon-theme
SWELLテーマとCocoonテーマ

「SWELL」にテーマ乗り換えをする前は、1年間ほど「Cocoon」を使っていました。なぜ、慣れ親しんだテーマから乗り換えしたのか?それには理由があります。

SWELLへ乗り換えた理由
  • SWELLのシンプルなデザインが好き
  • ブロックエディタを使いこなしたい
  • Cocoonのカスタマイズに限界を感じた
  • SWELLには「テーマ乗り換えサポートプラグイン」がある

ひとつずつ、詳しく説明していきますね。

理由① SWELLのシンプルなデザインが好き

きっかけは、Twitterで見かけたブログでした。「WordPressテーマは何を使っているんだろう?」と調べてみたら、「SWELL」だったのですね。「素敵なデザインだと感じるブログで使われているテーマは、ほとんどSWELL。

わたし、気づいたんです!SWELLのデザインが好き!

SWELLのデザインは、「シンプルだけど洗練されていて綺麗だなぁ」と思います。せっかくブログ運営を続けるなら、自分の好きなデザインを使いたいですよね。

アナログ子

ひとめ惚れしちゃったんです

理由② ブロックエディタを使いこなしたい

ブロックエディタはWordPress5.0から搭載されたエディタで、Gutenbergとも呼ばれています。ちなみに、ブロックエディタが登場する前のエディタを「クラシックエディタ」といいます。

クラシックエディタとの違いは、文章・画像・リストなどを「ブロック」という単位で扱えること。

このブロックを使うことで、位置調整や装飾が簡単できるようになりました。ところが、今ひとつブロックエディタをうまく使いこなせていませんでした(Cocoonもブロックエディタ対応です)

しかしSWELL公式サイトで「ブロックエディタを使う動画」を見たとき、衝撃を受けたのです。

出典|LOOS,Inc.

上の動画は、SWELLのブロックエディタを動かしているところです。

文章やボックスの装飾デザインが多いこと、そしてサクサク作業が進んでいく様子にビックリしました……。これは「ブロックエディタを使いこなすしかない!」と思いましたよ。

クラシックエディタは2021年にサポート終了すると言われています。今後もWordPressを使うのならブロックエディタに慣れておくことをおすすめします

理由③ Cocoonのカスタマイズに限界を感じた

Cocoonは、とても人気があるWordPressテーマ。

  • 無料
  • 利用制限なし
  • SEO対策あり
  • モバイルフレンドリー
  • カスタマイズしやすい

無料とは思えないほど機能が充実しているため、利用者しているブロガーさんも多いです。しかし、だからこそブログデザインがかぶりやすい……。あなたも「あ、このブログCocoonだ……」と思ったことはありませんか?

「じゃあ、自分の好きなようにカスタマイズすればいいんじゃないの?」という声が聞こえてきそうですが、わたしには思い通りにデザイン変更するほどのプログラミング知識がなかったのです(残念!)

Cocoonの独自設定やウィジェットを使って見た目の変更にも、限界を感じていました。ただ、Cocoonの名誉のために言っておくと、Cocoon自体はカスタマイズしやすいテーマになっています。

ブログ初心者のわたしにとってデザイン変更は難しかったのです……。

アナログ子

自由にプログラミングできる人がうらやましい!

理由④ テーマ乗り換えサポートプラグインがある

「テーマ乗り換えサポートプラグイン」は、SWELL開発者さんが無料で提供してくれているプラグインです。テーマ乗り換えをすると、つぎのようなトラブルが起こることがあります。

テーマ乗り換えで起こりやすいトラブル
  • ブログのレイアウトが崩れる
  • 吹き出し・ボックスなどの装飾が消える
  • ショートコードが使えなくなる

「テーマ乗り換えサポートプラグイン」を利用すれば、これらのトラブルを最小限に抑えることができるのですね。現在は、Cocoon・AFFINGER5・JIN・SANGO・STORK・THE THORの6つのテーマに対応しています。

Cocoonの乗り換えサポートプラグインについては「CocoonからSWELLへテーマ変更する方法と注意点【徹底解説】」にまとめています。良かったら読んでみてください。

あわせて読みたい
「Cocoon」から「SWELL」へテーマ変更する方法と注意点【徹底解説】 ブロックエディタ―完全対応のWordPressテーマ「SWELL」。テーマ変更したいけれど、デザイン崩れや設定のやり直しなどが心配で動けなくなっていませんか?この記事では、「Cocoon」から「SWELL」へテーマ変更する方法と注意点をまとめています。

SWELLを実際に使ってみた感想【使いやすさ最強!】

SWELLの「圧倒的な使い心地」は本物!

SWELL公式サイトには、つぎの言葉があります。

ブロックエディタ―完全対応!国内最高峰の使い心地を提供します。

出典|SWELL公式サイト

実際にSWELLを使ってみて、その言葉は嘘じゃなかった!「SWELLは使いやすさを本気で追及しているWordPressテーマなんだな…」と実感しました。

  • 直感的な操作ができる
  • 作業がサクサク進む
  • デザインもブロックエディタでOK

マウスクリックしていくだけで、自分好みのデザインに近づけられる感覚は、今までのブログ作業にはなかったものです。SWELLのブロックエディタを使い始めてから、ブログを書くのがずっと楽しくなりました。

それでは、続けて「SWELLの良かった点」と「気になる点」を順番に解説します。

SWELLの良かった点は「SWELLオリジナルブロックが使いやすい!」

SWELLでは、ブロックエディタで利用できる「SWELLオリジナルブロック(SWELLブロック)」が用意されています。SWELLだけのオリジナル機能なのですが、これが非常に使いやすい!

たとえば‥‥‥‥

  • 吹き出しブロック
  • キャプション付きブロック
  • フルワイドブロック
  • 投稿リストブロック
  • ステップブロック
  • バナーリンクブロック など

「記事で使ってみたかったけど、できなかった!」というような実用的な機能が多いです。

SWELLの最強の使い心地は、まさにSWELLブロックがあるから!と言ってもいいくらいですね。当サイトもSWELLを使っているブログですので、この記事上でおすすめのSWELLブロックをいくつか紹介します。

SWELLブロック例|ステップブロック

手順を紹介するときに活躍まちがいなしの「ステップブロック」。解説記事にぴったりですね。

STEP
ステップブロックだよ

ステップブロックステップブロックステップブロックステップブロックステップブロックステップブロックステップブロックステップブロックステップブロックステップブロック

STEP
ステップブロックだよ

ステップブロックステップブロックステップブロックステップブロックステップブロックステップブロックステップブロックステップブロックステップブロック

STEP
ステップブロックだよ

ステップブロックステップブロックステップブロックステップブロックステップブロックステップブロックステップブロックステップブロックステップブロック

SWELLブロック例|SWELLボタン

おしゃれな「SWELLボタンブロック」。立体的なボタン、キラッと光るボタンなどがあります。設定から色・ボタンの大きさ・デザインなど変更可能。

SWELLブロック例|フルワイドブロック

画面いっぱいに広がる「フルワイドブロック」です。パソコン画面で見ると迫力満点です!

フルワイドブロックだよ

SWELLブロック例|投稿リストブロック(カード型)

おすすめ記事や新着記事をお知らせするのに便利な「投稿リストブロック」。

カード型・テキスト型・サムネイル型などが用意されています。表示させる記事のカテゴリーなども選べますよ。

SWELLオリジナルブロックを使うだけで、できることの幅がぐんと広がりそうですよね!

またSWELLオリジナルブロックだけでなく、WordPressにもともと備わっているブロック(コアブロック)も使いやすいようにSWELL独自の改良がされています。

コアブロックの種類
  • 段落ブロック
  • リストブロック
  • カラムブロック など

なども投稿画面の設定から、いろいろなデザインを選べるようになっています。詳しくはSWELL公式サイトの記事「ブロックエディタ―で使えるSWELLの専用機能まとめ」で紹介されています。気になる方はこちらも読んでみてください。

SWELL
ブロックエディターで使えるSWELLの専用機能まとめ | WordPressテーマ SWELL WordPress5.0から搭載されたブロックエディター(Gutenberg)で使用できる、SWELLだけのオリジナル機能をご紹介します。 多数のSWELLオリジナルブロックを用意標準ブロック...

SWELLの気になった点は「クラシックエディタ好きには向いていない」

SWELLを使っていて気になったのは、ブロックエディタを使わなければSWELLの良さを体感できない点です。つまり、クラシックエディタ好きの人にSWELLは向いていません。

SWELLはブロックエディタの使い心地を追求したWordPressテーマです。

クラシックエディタにも対応していますが、使える機能がかなり少なくなってしまうようです。せっかくSWELLを使うなら、ブロックエディタの操作に慣れる必要があります。

とはいえ、特に難しいことを覚える必要はありません。

blockeditor
ブロックエディタ―の使い方

投稿画面に表示されている「プラスマーク」をクリックすると、ブロックの種類を選ぶメニューが開きます。使いたいブロックを選んだら「歯車マーク 」をクリック。スタイルや色など細かい設定ができますよ。

block-setting
ブロックの詳細設定
アナログ子

ブロックエディタに慣れたら、もうクラシックには戻れません

困ったときも安心!SWELLのユーザーサポート

新しいテーマに乗り換えたあとは、設定や操作などわからないことがたくさん出てきます。SWELLはユーザーサポートもしっかりしているので、安心ですよ。

SWELL公式サイトに設定マニュアルが用意されています

まずは、SWELL公式サイトにある「設定マニュアル」

SWELLテーマに乗り換える前の「準備・予備知識」マニュアルがあるので、はじめての人でも安心。マニュアルを順番に見ていけば、作業がスムーズに進みます。SWELLの機能も覚えられるので、目を通しておくとよいでしょう。

  • 準備・予備知識
  • 基本設定
  • 高速化に関する設定
  • トップページの設定
  • 広告関係の設定
  • 投稿・固定ページの設定 など

この設定マニュアルは購入前でも見れますので事前にチェックしてみてもいいかもしれませんね。

SWELL
設定マニュアル | WordPressテーマ SWELL このページでは、WordPressテーマ「SWELL」の各種設定方法についての説明記事をまとめています。SWELLをご利用になられる方は、ぜひ順番にご確認ください。 解説記事一覧ペ...

SWELL購入者限定のフォーラム・Slackコミュニティ

SWELLには、購入者限定のフォーラム・Slackコミュニティがあります。ファーラムでは、

  • 「SWELLに関する質問」
  • 「不具合報告」
  • 「ご要望」

の3つのテーマに分けられています。報告・相談したいことをトピックに立てて、SWELL開発者さんや先輩ユーザーさんに相談できるようになっていますよ。

他のユーザーさんが立てたトピック(相談)を見ることもできるので、何か困ったことが起きたときに覗いてみたら解決のヒントが見つかるかもしれません。

また、SWELLユーザー同士の情報交換ができるSlackコミュニティもあります。

アナログ子

相談できる場所があるのは心強いです!大事なポイント

SWELLと他テーマの価格比較

テーマ名価格
SWELL17,600円(税込) 
AFFINGER514,800円(税込)
JIN14,800円(税込)
SANGO11,000円(税込)
STORK11,000円(税込)
THE THOR16,280円(税込)
SWELLと他テーマの価格比較 ※2021年7月13日現在

「SWELL」と「SWELLの乗り換えサポートプラグインに対応している有料テーマ」の価格を比較してみました。やはり気になるのはテーマの価格……。

他テーマと比べると、SWELLは価格が高いですね。価格が購入のネックになっている方も多いのではないでしょうか?

ですが実際に購入してみると、価格以上の満足感がありました。その理由は……

文章やボックスの装飾・トップページのデザイン変更が直感的な操作で可能なので「ブログ記事を書くこと」に集中できるから。「SWELL」を使い始めてから、本当に作業がサクサク進むんですよ。

ブログ運営でおそらく、最も大変で重要な「ブログ記事を書くこと」に時間をあてられるのは、SWELLに乗り換えて1番良かったところでした。

アナログ子

作業の効率化ができるというわけだね!

まとめ SWELLと一緒に楽しいブログ運営を!

enjoy-swell

今回は、SWELLを使ってみた感想と良かった点・気になった点を紹介しました。

SWELLはプログラミング知識がなくても、直感的に操作だけで使えるように工夫されています。

  • トップページのデザイン変更
  • 文章やブロックの装飾
  • 記事の目次作成
  • 人気記事リスト作成

ブログ運営に便利な機能が用意されているので、記事作成スピードもあがりますよ。

結論|SWELLは最強の使い心地!

わたしはSWELLのおかげで、ブログ運営がさらに楽しくなりました。ぜひあなたも、実際に「SWELL」を体感してみてくださいね。

swell-banner

シンプル美と機能性を両立させたWordPressテーマ「SWELL」

ブロックエディタ―に完全対応!圧倒的な使い心地をぜひ体感してみてください。

アナログ子
「アナログな自分から変わりたい」アナログ子です。機械オンチで、よく物を壊します。ブログ、WordPress、ライティングなどの勉強中。

気になったこと、良かったことなどを記事にまとめています。好きな食べものは「焼いも」
swell-review

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる