手首の疲れを解消したい!リストレストなどでPC作業環境改善!

こんにちは、アナログ子です。

長い時間PC作業をしていると、体のどこかしらが疲れてきませんか?例えば、目が疲れる、肩がこる、腰が痛む、などですね。

わたしも、ブログを書くようになってから体の悩みができました。それは……

「手首が……疲れる……」

疲れるだけでなく、時々痛むこともあります。

そこで!手首にやさしい作業環境に変えるため、アームレスト、リストレストを購入してみることにしました。

この記事では、初心者ブロガーのPC作業環境と、新しく購入したアームレスト、リストレストについてご紹介します。

スポンサーリンク

初心者ブロガーのPC作業環境 

working-space

まずは、普段ブログを書いているPC作業環境を紹介します。

メインアイテムは、ノートパソコンモニターキーボードマウススピーカー

机、椅子はホームセンターで購入しました。机が1万円、椅子は6000円くらいだったと思います。シンプルですが、どれも気に入って使っています。

ノートパソコンGALLERIA GCR1650GF

note-pc

ノートパソコンは、「GALLERIA GCR1650GF」 15.6インチです。机の上に置きたいけれど、狭くなってしまうので足元に置いています。

Windows7サポート終了(2020年1月)時に、ドスパラのセールで購入。あまりパソコンには詳しくないのですが、せっかく購入するなら「ゲームもできるパソコンがいいなぁ」と考え選びました。

使い心地バツグン、サクサク動きます。キーボードのグラデーションもキレイです。

ASUSゲーミングモニター24型 VE248HR

ASUS ゲーミングモニター24型 フルHDディスプレイ (応答速度1ms / HDMI,DVI,D-sub/スピーカー内蔵/VESA規格 / 3年保証) VE248HR

このモニターは、ゲーミングモニターです。モンスターハンターワールドをプレイするために購入しました。ノートパソコンにもつないで使っています。モンハン最高。

マウス


エレコム マウス ワイヤレス Mサイズ 5ボタン(戻る・進むボタン搭載) BlueLED 握りの極み ガンメタリック M-XGM10DBBK/EC

マウスは、ELECOMのM-XGM10DBBKです。わたしの手にピッタリです、ワイヤレスで便利。

キーボードとスピーカー 


audio-technica デスクトップスピーカー ブラック AT-SP93 BK

キーボードとスピーカーはもらい物を使っています。スピーカーは、audio-technica AT-SP93。スピーカーがあるだけで音が全然違います。コードが短かめなところが難点。

キーボードはGALLERIA GK-6260、ドスパラのPCについてくる付属品のようです。なるほど、だからくれたのか。

ブログ書き始めるようになってから、どうも手首が疲れる

desk

机はコンパクトな作りです。メジャーで測ってみたら横幅75㎝、奥行き45㎝でした。あまり奥行きがないため、しっかり腕をのせることができません。

実は、わたし猫背なんですよね。だから余計と前かがみになってしまい、手首に力がかかってしまいます。いつからか手首に疲れが出てきて、痛みも感じるようになってしまいました。

姿勢が悪い+手首に力がかかっている状態。

おそらく、これが原因で手首が疲れてしまうのだと思われます。

あとは、キーボードを打つ時にタ――――ン!ってやってしまっているのも良くないかも……。

リストレスト、アームレストでデスク周りをカスタマイズ 

armrest-wristrest

手首にやさしい作業環境にしないとブログ書くのがツライ……。というわけで、Amazonでデスク周りのアイテムを探してみたら、良さそうな商品を発見しました。リストレストアームレストです。

アームレストはひじ置き、リストレストは手首置き、ですね。

アームレストを2つ。リストレストは右手用にELECOMのマウスパッド、左手用にサンワサプライのリストレストミニを購入しました。

wristrest

どちらも手首にかかる負担を抑えてくれそうですね!わたしの手首を守っておくれ(期待)

リストレストを使ってみる

wristrest-righthand

右手用のリストレストはマウスパッド一体型です。ちょうど手首のあたりにクッションが当たるようになっています。マウスが動きづらくなることはなく、スイスイ動きますよ。

wristrest-lefthand

わたしは右手よりも左手の手首が疲れやすかったので、左手用に低反発リストレストも購入しました。真ん中にくぼみがあり手首がピタッと収まるようになっています。

実際にリストレストを使ってみると、やはり楽になりますね。手首がクッションで守られているような感覚です。

アームレストを机にカスタマイズ

アームレストは、後付けタイプ。アームレスト本体とネジの2つがあります。

アームレストを机にはさんでネジで固定します。調整可能な高さは6㎝、ネジの長さは8㎝です。

このアームレスト、180度回転させることができます。作業していると腕の位置って移動しますよね、それに合わせてアームレストを調整できるのがいいなと思いました。

机に足りなかった腕の場所を確保することができますね!

手首にやさしいPC作業環境で快適に!

上の写真は、手首にやさしい仕様にカスタマイズした後のPC作業環境。何だか急にロボットぽくなりました(笑)

リストレスト、アームレスト、どちらもこれまで使ったことがありませんでしたが、実際に使ってみると手首をしっかり支えてくれている感があります。長い時間PC作業をしていても、疲れにくくなりました。

今回購入したもののなかで、特におすすめはアームレストです!

  • 取付が簡単
  • 手首の疲れ防止
  • 腕を置く場所確保

もともと奥行き少ない机だったので、今までなかった腕の居場所ができましたよ。長時間PC作業をされる方、手首が疲れやすい方は、良かったらチェックしてみてくださいね。

パソコン
スポンサーリンク
シェアする
アナログ子をフォローする
TRIGGER BLOG

コメント

アナログ子

こんにちは、アナログ子です。「アナログな自分から変わりたい」ブログ、HTML、CSS、WordPressなど勉強中。自分が困ったこと、気になったことを記事に書いています。好物は「焼きいも」

アナログ子をフォローする
タイトルとURLをコピーしました