圧倒的な使いやすさ!WordPressテーマ「SWELL」公式サイトをみる!

新日本プロレス!初めての観戦レビュー|持ちもの・観戦マナーまとめ

初めてのプロレス観戦―。

楽しみで胸いっぱいなあなたは、十分な準備して参加したいと考えているのではないでしょうか?

そこで今回は、先日新日本プロレスの観戦デビューした筆者が、感想とともに「必要な持ちもの」「観戦マナー」などを紹介します。

感想を一言でまとめると、「迫力のレェェェェべルが違うんだよッッ‼」です。

いつも見ている配信動画のような実況解説はなく、会場にはプロレスラーの声と闘う音だけが響いていました。体がぶつかったときの「ゴッ……」とか「バシー―ン」という音。思わず体がのけぞりそうになりますが、目が離せません。

ハッ……つい熱くなってしまいました……。それでは、プロレス観戦の準備をしていきましょう。

アナログ子

リングで闘うプロレスラーたちの姿は、迫力満点です!

目次

プロレス初観戦!必要な持ちものチェック

things-to-bring
「必要な持ちものチェック」

まずは、プロレス観戦に持って行くものを確認しましょう。

持ちものチェックリスト

  • チケット|絶対に持っていくこと
  • マスク|マスクの着用は必須
  • 飲みもの|ペットボトルがおすすめ
  • グッズ代|試合開始前にゲット
  • スマホまたはカメラ|写真撮影はOK

絶対に持って行くべきものは、チケット!

njpw-ticket
「チケットは必須」

チケットがないと会場に入ることができません

チケットは必ず持って行きましょう。せっかくの機会を無駄にすることになってしまいますので、ご注意を……。

アナログ子

チケットだけは忘れないように気を付けて!

マスクも必須!

つぎに、マスクです。コロナ感染予防のため、新日本プロレスの会場でもマスク着用は必須!(執筆時:2021年10月現在)

会場入り口では、アルコール消毒もありました!

飲みもの・グッズ代

その他には、飲みものやグッズ代も持っておくとよいと思います。

必要な水分補給はOKなので、あらかじめペットボトルの飲みものを持っておくといいかもれません。わたしが行った会場では自販機もありましたよ!

会場入り口にはプロレスグッズ販売所があって、Tシャツやタオル・パンフレット・ぴょんすけ(肩の乗せるぬいぐるみ)などが置いてありました。

帰りには完売している商品もあったので、購入したい人は試合開始前のチェックがおすすめです。

ちなみですが、グッズは開場よりもオンラインストアの闘魂ショップのほうが品揃えは良かったです

スマホ・カメラも用意しよう

じつは新日本プロレスは、写真撮影OK!!

プロレスラーたちが入場曲とともに現れると、パシャパシャと周りからシャッター音が聞こえます。大きな一眼レフカメラを構えている人も多かったですよ。

SNSやブログへ、とっておきのベストショットを投稿されている方も……。

写真撮影はOKですが、動画撮影・録音は禁止されています

アナログ子

かっこいいプロレスラーの写真を撮るだけで楽しい♪

開場から試合開始までの流れは?

njpw-ring
「ほとんど誰もいない会場……」

開場から試合開始時間までは、とくにイベントはありません

開場15:00で、試合開始17:30。1時間半ありますが、とくにイベントはありませんでした。

コロナ前は「サイン会」や「写真撮影会」などもあったみたいね……。現在は中止されています(残念)

はりきっていたわたしは「もしかしたら、試合開始前になにかイベントがあるかも……」と早めに会場入り。

しかし、ワクワクしながら待つ時間がただただ流れました……。試合開始の30分前くらいから、お客さんが急に増えましたよ。

すべて指定席なので、ギリギリでも大丈夫かもしれません。

プロレスグッズを購入したい場合は、早めに向かうのがおすすめです。

アナログ子

「トランキーロ、あっせんなよ」by 内藤 哲也

 

新日本プロレスの観戦マナー!

出典|新日本プロレスリング株式会社

新日本プロレスには守るべき「観戦マナー」があります。上の公式YouTube動画では田口監督が紹介されていますね。

この記事では、動画を参考にQ&Aでざっくりまとめてみました。

花道や通路、鉄柵の近くに移動してもいいですか?

他の観客の邪魔になってしまうので、必ずチケット指定された自分の席で観戦しましょう。イスの上に立ったり、空いている席に移動するのもNG

動画の撮影はしてもいいですか?

動画の撮影・録音は禁止されています。著作権や肖像権の侵害になる違法行為!発覚時は機材ごと没収することもあるそうです。

その代わり、写真撮影はOK!SNSなどへのアップもOKです!

紙テープやのぼりは使ってもいいですか?

新日本プロレスでは、紙テープ・のぼりの使用は禁止されています。

ゴミはどうすればいいですか?

ゴミは分別して、ゴミ箱へ捨てます。会場をきれいに使うように心がけましょう。

お酒は飲んでもいいですか?

泥酔状態での観戦は、周りの人に迷惑をかけてしまう可能性があるのでNG。必要最低限の水分補給は、OKです。

声を出して応援してもいいですか?

コロナ感染予防のため、声は出さず拍手での応援のみでした。マスクも必須です(2021年10月時点)

早く声を出して応援できる日がくるといいですね……。

アナログ子

楽しく観戦できるように気を付けよう!

新日本プロレスを観戦した感想!プロレスラーはやっぱりカッコイイ

edion-arena-osaka
「エディオンアリーナ大阪」

わたしが観戦したのは、エディオンアリーナ大阪。

「ほとんど男性かな~」と思っていましたが意外と女性も多く、男女比は「6対4」くらいでした。

スマホで撮影した写真

takahashi-hiromu
「高橋ヒロム選手の入場」

席は北側のロイヤルシート。いつも新日本プロレスワールド(動画配信サービス)で試合を観ていたので、リング上にプロレスラーたちが現れるだけで、とてもとても興奮しました。

「あぁ、本当に存在していたのですね……(感動)」と心のなかでつぶやく―。

ポーズを決めるプロレスラーたち

njpw-photo
「どのプロレスラーも迫力がある」

会場では、アナウンサーさんやミラノさんの実況解説が聞こえません。プロレスラーたちの声や闘う音が大きく響いてきて、とても驚きました。

腕をあてるラリアットや膝蹴りしたときの「ゴッ」という音や、マットに相手を叩きつけたときの「バシー―ン」という音は想像以上の迫力があります。

プロレスの試合は迫力満点

njpw-photo2
「ベストショットを狙うがムズイ……」

筋肉バキバキのプロレスラーたちが飛んだり跳ねたりしている試合は、本当にダイナミック‼‼‼

しかもお互い攻撃を避けるんじゃなくて、ガッチリ受けるんですよね。見ているこちらが「ケガをするのではないか」とヒヤヒヤするほど……。

しっかりと攻撃を受けきってから勝ちを取りに行くところが、めちゃくちゃカッコイイです。普段から体を鍛え続けているからこそ、プロレスは成り立っているのだなと思います。

アナログ子

新日本プロレスの試合をじかに観て、ますます好きになってしまいました

まとめ|新日本プロレスの魅力を楽しんで!

njpw-matome

今回は、新日本プロレスの観戦デビューした感想と「持ちもの」「観戦マナー」などを紹介しました。

プロレスラーそれぞれに個性があり、ハラハラするほどの迫力がある試合はもちろん、お客さんを盛り上げようとリングをバンバン叩いたり、バニーガールが出てきたりとエンタメ要素もいっぱいです。

初めてプロレスを観る人も十分楽しめるのではないかなと、改めて感じました。

チケットだけは忘れないように気を付けて!新日本プロレスの試合楽しんできてくださいね~!

参考|新日本プロレス公式サイト

アナログ子
「アナログな自分から変わりたい」アナログ子です。機械オンチで、よく物を壊します。ブログ、WordPress、ライティングなどの勉強中。

気になったこと、良かったことなどを記事にまとめています。好きな食べものは「焼いも」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる