「諦める力」とは「選びなおす力」マナブさんおすすめの本を読んでまとめてみた!

こんにちは、アナログ子です。

この記事では、為末大さんの著書「諦める力」について紹介します。

「諦める力」を読むきっかけとなったのは、マナブさんのYouTube動画でした。マナブさんはブログ、YouTube、Twitterなどで幅広く活躍されている方です。

動画の概要は、次のとおりです。

  • 情報が足りないなら、本を読もう
  • 読書を習慣化しよう
  • おすすめ本紹介
  • 本の感想文を送ってください

この動画は「一緒に読書習慣を作りませんか」という企画で、「最初にこんな本を読んでみたらどうですか?」とおすすめ本が紹介されていました。

わたしは、“本を買っただけで満足”、“図書館でたくさん借りて読んだ気になってしまう”というパターンが多いです。典型的な「積ん読」ですね。

そこで、読書習慣を身につけるため、紹介されていた本のひとつ「諦める力」を読んでみることにしました。

スポンサーリンク

「諦める力」ってどんな本?

  • タイトル 諦める力
  • 著者 為末 大
  • ページ数 240ページ
  • 発行日 2013年6月14日
  • 発行所 株式会社プレジデント社
  • 価格 Kindle版:1100円(※Amazon 2020年7月時点) 

「諦める力」は、走る哲学者の名を持つ元陸上選手、為末大さんによって書かれたビジネス書です。

陸上選手を続ける中で生まれた葛藤や気づきが、著書「諦める力」にはたくさん詰まっています。

為末さんは、男子400メートルハードルの日本記録保持者です。400メートルハードルにおいて、世界選手権で日本人初となる銅メダルを獲得されています。(※)

日本陸上競技連盟公式サイトより

「400メートルハードルの才能があったんだな……」そう思いますよね?

しかし、為末さんが陸上をはじめた時、種目は400メートルハードルではありませんでした。100メートルの選手だったのです。

なぜ、400メートルハードルに種目変更したのか?そこから、メダル獲得までの道のりはどんなものだったのか?

陸上選手としての苦悩、考え方の変化などが、著書「諦める力」で描かれています。

為末さんの著書には、「諦める力」の続編となる「逃げる自由」という本もあります。

「逃げる自由」は、Kindle Unlimited読み放題の対象となっていました(2020年7月現在)無料で読めますので、合わせてチェックしてみるといいですよ。

諦めるという言葉のもつ意味

本のタイトル「諦める力」という言葉を見た時、どんなイメージが思い浮かびましたか?

「諦める力って、そもそも諦めるのに力なんていらないでしょ……」

そんな風に思ったかもしれませんね。

「諦める」という言葉がもつイメージは、

  • 逃げる
  • 失敗
  • 終わり
  • 仕方がない

ネガティブなものが多いのではないでしょうか。

わたしも同じようなイメージ持っていました。この本を読むまでは……。

「諦める力」の冒頭で、次のように書かれています。

辞書を引くと、「諦める」とは「見込みがない、仕方がないと思って断念する」という意味だと書いてある。しかし、「諦める」には別の意味があることを、あるお寺の住職との対談で知った。

「諦める」という言葉の語源は「明らめる」だという。

仏教では、心理や道理を明らかにしてよく見極めるという意味で使われ、むしろポジティブなイメージを持つ言葉だというのだ。

出典 諦める力 為末大著

「諦める」には、「明らかにする」「見極める」というポジティブな意味があるというのです。

諦める時、見えるものは何か

為末さんの諦める力が生まれたきっかけ

為末さんは、もともとは100メートルの選手でした。小学生から中学生までは、急激に記録を伸ばし続けたそうです。

ところが、高校3年生のインターハイからは、100メートルを走ることを諦めます。

その頃、肉離れを繰り返しており、瞬発力が必要な100メートルの試合では、体への負担が大きいと顧問の先生が判断したためでした。

そこで、400メートルハードルという種目に出会うのです。

自分の中にある「勝ちたい」という本心

はじめは、100メートルを諦めたことに罪悪感や後ろめたさがあったそうです。しかし、時間が経つにつれ、だんだんと自分の中にある本心に気が付いていきます。

「勝つことを諦めたくない」

そう、僕は「AがやりたいからBを諦めるという選択」をしたに過ぎない。

誤解のないように言っておくが、僕は400メートルハードルをやりたかったから100メートルを諦めたわけではない。初めて世界の舞台を見て、ここで勝ってみたいと思ったのだ。しかし100メートルにこだわっているかぎりそれは絶対に無理だと思われた。

多くの人は、手段を諦めることが諦めだと思っている。

だが、目的さえ諦めなければ、手段は変えてもいいのではないだろうか。

出典 諦める力 為末大著

100メートルが自分の体に合っていないということを認めて、諦めた。

だからこそ、「勝ちたい」という本心に気が付いた。

勝つために400メートルハードルを選んだから、為末さんは日本記録保持者となり、メダルを手に入れることができたというわけですね。

人生は思い通りにはいかないけれど……

この話は、陸上選手だけではなく、わたしたちの人生にも当てはまります。

受験、仕事、人間関係、すべて自分の思い通りにいくことはありませんよね。むしろ、努力をしてもうまくいかないことの方が多いかもしれません。

すべての人が何かしらを「諦める」経験をしていると思います。

為末さんは「勝つ」ために、「100メートル」を諦めることを選んだ。

目的に辿りつくために、より良い手段を選びなおす。

諦めなければならない時、目的に辿りつくために、選びなおす力。それが、諦める力だと思いました。

目的は人それぞれ違うと思いますが、「諦めたくないことは何か」「目的により近づく方法はないか」考えることが大切なのではないでしょうか。

「諦める力」とは「選びなおす力」

最後に、「諦める力」のなかで一番印象に残っている言葉を紹介したいと思います。

人には、自分が今歩いている道の横に、並行して走っている人生が必ずある。

たとえば僕には、アスリートという人生のほかにも、普通の企業に勤めるビジネスパーソンとして生きる人生もあっただろう。もちろん、ほかにもいろいろな可能性があったはずだ。まずは、今見えているのとは違う人生があることをわかっておくことだ。

出典 諦める力 為末大著

自分の選んだ道で立ち止まった時、目的地に辿りつくために別の道を選びなおす。

「だから、諦めるって前向きことなんだよ」と為末さんが言ってくれているような気がします。

「諦める力」を読んで、「諦める」の捉え方が変わりました。また、今の生活、挑戦していることなどについて、見つめなおす良いきっかけになったと思います。

  • 現状に不満がある人
  • 諦めることに抵抗がある人
  • 動けずにいる人

そんな人におすすめの本です。

あなたの持っている「諦める」のイメージを、きっと変えてくれるはずです。ぜひ「諦めない力」を手に取って読んでみてくださいね。

スポンサーリンク
シェアする
アナログ子をフォローする
TRIGGER BLOG

コメント

アナログ子

こんにちは、アナログ子です。「アナログな自分から変わりたい」ブログ、HTML、CSS、WordPressなど勉強中。自分が困ったこと、気になったことを記事に書いています。好物は「焼きいも」

アナログ子をフォローする
タイトルとURLをコピーしました