Googleアドセンス審査合格!サイト改善したポイントを解説します

こんにちは、アナログ子です。

2020年8月、当サイトはGoogle AdSense(アドセンス)審査に合格することができました!1回目は「コロナの影響のため審査できません」と断られ、2回目の審査で合格となりました。

合格時のサイト状況は、次のとおりです。

 合格時のサイト状況
  • 審査 2回目
  • 記事数 20記事
  • お問合せフォーム 有
  • プライバシーポリシー 有
  • アフィリエイトリンク 有
  • ヘッダーメニュー 有
  • 運営者情報 有

今回は、審査に落ちた1回目と合格した2回目のサイト状況を比較しながら、改善したポイントを解説します。

「これからアドセンス審査に挑戦する!」「なかなか合格できない……」という方は、ぜひご自身のブログサイトと比較してみてくださいね。

スポンサーリンク

Googleアドセンスについて

AdSense mail

Google AdSense(以下アドセンス)は、Googleが提供している無料の広告配信サービスです。

読者ニーズに合った広告が自動的に表示されるため、サイト運営者としてはとても使いやすい広告サービスです。収益化を目指してサイト運営しているなら、ぜひ利用したいですよね。

しかし、アドセンス広告を利用するためには審査があり、年々厳しくなっていると言われています。

審査に落ちた1回目と合格した2回目の当サイトを比較!

Googleアドセンスの審査基準は、はっきりとは公表されていません。

そのため、審査に落ちてしまった時に改善点が分かりづらいという問題があります。そこで、審査に落ちた1回目と合格した2回目の違いを比較してみることにしました。

  • 2020年6月 1回目 審査結果…不合格 
  • 2020年8月 2回目 審査結果…合格‼‼‼

1回目の審査では、お問合せフォームプライバシーポリシーなどを準備しましたが、「コロナの影響のため審査できません」という理由で不合格でした。2回目は、2日ほど経って合格通知が届きましたよ!

不合格1回目と合格2回目の比較表

審査1回目と2回目の当サイトを比較してみます。

1回目 不合格
  • 記事数 11記事
  • 文字数 平均2,605文字
  • お問合せフォーム 有
  • プライバシーポリシー 有
  • アフィリエイトリンク 有
  • フッターメニュー 有
  • ヘッダーメニュー 無
  • 運営者情報 無
2回目 合格
  • 記事数 20記事
  • 文字数 平均3,571文字
  • お問合せフォーム 有
  • プライバシーポリシー 有
  • アフィリエイトリンク 有
  • フッターメニュー 有
  • ヘッダーメニュー 有
  • 運営者情報 有

1回目と2回目の違いは、運営者情報、ヘッダーメニューを追加したことと、記事数が増えたことですね。

当サイトはA8ネット、もしもアフィリエイトを利用しています。アフィリエイトリンクはつけたまま審査を受けました。

個人的には、記事数が増えたのが良かったのかな……と思っています。

審査合格に向けて取り組んだこと

審査合格に向けて、取り組んだことを紹介します。

次の手順でサイトの見直しをしました。

  • アドセンス申込条件のチェック
  • サイト運営者ポリシーのチェック
  • 合格サイトを参考に見直し
  • コンテンツ(記事)を増やす

①アドセンス申込条件のチェック

AdSense answer
AdSense ヘルプ お申し込み時の条件

アドセンス審査に申し込む際に、利用条件の確認があります。

アドセンス広告を利用するには、ユーザーが満足できるサイトを準備しなくてはいけません。そのための条件が決められているのですね。

まずは、自分のサイトが利用条件を満たしているか再チェックをしました。一部抜粋します。

他にはない魅力があるか

操作が簡単でわかりやすくなっているか

ユーザーの興味を引く独自のコンテンツがあるか

コンテンツはAdSenseプログラムポリシーに準拠していますか

18歳以上ですか

AdSenseヘルプ お申し込み時の条件

詳しく知りたい方は、下記のリンクからAdSenseヘルプへアクセスしてみてくださいね。

参考|AdSenseヘルプ お申し込み時の条件

参考|AdSenseヘルプ AdSenseプログラムポリシー

②サイト運営者ポリシーのチェック

次に、Googleのサイト運営者ポリシーに違反していないかチェックしました。

サイト運営者ポリシーは、「アドセンス広告を利用するためには、掲載できるコンテンツに制限がありますよ」という決まりです。

たとえば、次のようなコンテンツをサイトに掲載することは許可されていません。

 ポリシー違反コンテンツ
  • 著作権侵害
  • タバコやアルコールの販売促進
  • 成人向けコンテンツ
  • 暴力的な行為の描写 など……

アドセンス審査を受ける際に、ポリシー違反していないことはもちろん、審査合格後も遵守し続ける必要があります。

違反をしていることはほとんどないと思いますが、一度目を通しておきましょう。

参考|AdSenseヘルプ サイト運営者/パブリッシャー向けポリシー

③合格サイトを参考に見直し

Google

Google検索やTwitterなどから見つけたアドセンス合格サイトを参考にして、サイトの見直しをしました。

「アドセンス 合格」などで検索すると……「アドセンスに合格する5つのコツ」「アドセンス審査、一発合格しました!」のような記事がたくさん出てきます。

その記事の中から、アドセンス審査に合格しているサイトへアクセスして、自分のサイトと違うところがないか確認しました。

次のチェック項目は、合格サイトに共通していたものです。

確認してみよう!

☑お問合せフォームの設置

☑コメント欄の設置

☑プライバシーポリシーの記載

☑運営者情報の記載

☑メニューバーの設置

☑コンテンツ(記事)内容は十分か

☑コンテンツ(記事)量は十分か

☑レスポンシブデザイン(PC・タブレット・スマホ対応)

当サイトの場合は、運営者情報(プロフィール)ヘッダーメニューがなかったので追加しました。

上のチェック項目がなくても合格しているサイトもありますが、もしも、改善できるところがあれば、対策してみることをおすすめします。

当サイトのお問合せフォームは「Contact Form7」というプラグインで設置しました。

ヘッダーメニューは、Cocoon公式サイトを参考にして設定しています。

参考|Cocoon グローバルナビのメニューを設定する方法

④コンテンツ(記事)を増やす

  • 1回目審査時 11記事
  • 平均文字数 2,605文字
  • 2回目審査時 20記事
  • 平均文字数 3,571文字

記事数は20記事まで増やしました。

10記事以下でも合格されている方もおられるので、記事の質がよければ、記事数はあまり関係ないかもしれません(汗)

コンテンツ(記事)が大事という意見をよく見ます。けれど、具体的にはどんな記事がいいのか分かりづらいですよね。

体験談や自分の考えを書くこと図などを使って読みやすい記事にすること、などが個人的には良かったと思っています。

不安な方は、できるだけ記事数を増やしておいた方がよいかもしれませんね。

補足:アドセンス審査に申し込みするには独自ドメインを取得しよう

初回のGoogleアドセンス審査では、「独自ドメイン」でなければ審査を受けられません。

ドメインとは?

ドメインというのは、サイトURLのhttps://に続く部分。

(例えば……当サイトhttps://trigger-blog.comのドメインは、trigger-blog.com)

簡単に説明すると、Web上で自分のサイトへたどりつくための住所ですね。

Googleアドセンスアカウントへ申し込みの際、サイトURLを登録するのですが、パス形式やサブドメイン形式は登録ができなくなっています(※)

  • 独自ドメイン形式 (例)example.com
  • パス形式 (例)example.com/path
  • サブドメイン形式 (例)subdomain.example.com

無料ブログの場合は、URLがパス形式やサブドメイン形式となってしまうため、アドセンスアカウントの申込ができません。

つまり、アドセンス審査に申込ができないのです。

(※合格後、サイト追加の審査を受ける場合は、無料ブログでもOK)

当サイトは、お名前ドットコムにて独自ドメインを取得しました。無料ブログサービスを使っているかたは、独自ドメインについて一度チェックしてみるといいですよ。

>>お名前ドットコムへアクセス!

審査に落ちてしまったら…サイトを見直して挑戦しよう!

Illustrations by Stories by Freepik

アドセンス審査に落ちてしまったら、ショックですよね。なかなか合格ができず、困っている方もおられることでしょう。

実は、わたしも2回目の審査申込をする時、不安でした。「合格したいけど、また、落ちるかもしれない」と考えてしまい怖くなったのですね。

審査申込をするか先送りするか悩んで、書いたツイートがあります。

このツイートに対して、合格ブロガーさんたちからアドバイスをいただいたのですが、みなさん言われるのは「何度でも審査は受けれるから、挑戦してみよう!」でした。

アドセンスの審査基準は、Googleにしか分かりません……。

しかし、アドセンスの利用条件や合格しているサイトを確認していると、何となく共通点が見えてくるのではないかと思います。

アドセンス審査は何度でも受けることができます。サイトの見直しができたら、挑戦してみましょう!

合格ブロガーさんたちに背中を押してもらって、わたしはアドセンス審査に合格できました。だから、今度はわたしがあなたの背中を押します。

不安もあると思いますが、ぜひアドセンス審査に挑戦してみてくださいね!

ブログ
スポンサーリンク
シェアする
アナログ子をフォローする
TRIGGER BLOG

コメント

アナログ子

こんにちは、アナログ子です。「アナログな自分から変わりたい」ブログ、HTML、CSS、WordPressなど勉強中。自分が困ったこと、気になったことを記事に書いています。好物は「焼きいも」

アナログ子をフォローする
タイトルとURLをコピーしました