画像圧縮プラグインEWWW Image Optimizer!サイトの表示速度を改善しよう!

こんにちは、アナログ子です。

自分がブログを書き始めるようになってから、いろいろな人のブログを読むようになりました。しかし、時々、読むのをやめてしまうことがあります。

  • なかなか表示されない
  • 動きが遅い
  • 待てずに…ブラウザバック

あなたも同じような経験はありませんか?

ブログ記事では、画像がたくさん使われている場合が多いです。画像は内容を分かりやすく伝えるのに役立ちますが、文字にくらべ読み込みに時間がかかってしまいます。

読者がサイトに来てくれたのに、「表示速度が遅いがために記事を読んでもらえない……」というのは避けたいものです。

そこで、今回は画像圧縮をしてくれるプラグイン「EWWW Image Optimizer」をご紹介します。

 3つの特徴

✔メディアライブラリに画像を「新規追加」する時に、自動的に圧縮

✔アップロード済みの画像も一括圧縮

✔画像の余分な情報を削除

ブログ運営を続けていけば、どうしても画像ファイルは増えてしまいます。「EWWW Image Optimizer」を使って画像を最適化させ、サイト表示速度を改善しましょう。

スポンサーリンク

画像圧縮してくれるプラグイン EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer」は、WordPress上の画像を圧縮してくれるプラグインです。画像の余分なデータ削除、最適化することで、サイトの読込時間を短くします。

メディアライブラリに画像を「新規追加」する時に、自動的に圧縮してくれます。

「既にたくさんの画像をアップロードしてしまっている」という場合も大丈夫。アップロード済みの画像もまとめて圧縮する「一括最適化」という機能があります。

おすすめする理由

1.無料プラグイン

2.ファイルサイズの制限なし

3.新規追加する画像を自動圧縮

4.アップロード済みの画像も圧縮可能

5.画像のメタ情報(位置情報など)削除

6.メディアライブラリだけでなく、サイト上の画像すべてを最適化

手間がかからず非常に便利なプラグインですね。インストール、設定方法、使い方を順番に説明していきます。

EWWW Image Optimizerのインストール方法

WordPressの管理画面をひらき、「プラグインから新規追加」をクリックしましょう。

キーワードに「EWWW」と入力して検索すると「EWWW Image Optimizer」が出てきます。

となりにある「EWWW Image Optimize Cloud」はクラウド版です。プラグイン自体は無料ですが、クラウド機能を利用するにはAPIキーを購入しなければいけません。

今回は、「EWWW Image Optimizer」をインストールします。「今すぐインストール」をクリックして、有効化しましょう。

EWWW Image Optimizerの設定 

有効化が終わると、WordPress管理画面のメニューのなかに「EWWW Image Optimizer」が追加されているはずです。

「EWWW Image Optimizer」をクリックして、設定を確認しましょう。

設定項目は、ベーシックと変換の2つです。

 設定項目

・ベーシック 基本設定

・変換 変換設定

ベーシック 基本設定

ベーシックでは、「メタデータの削除」にチェックが入っているか確認しましょう。

basic settings
メタデータというのは、画像についている情報のことです。例えば、撮影日時、撮影機種、位置情報などです。

スマホで撮影した画像をブログに使うことも多いと思いますが、その画像から意図せずに情報が漏れたなんてことになると心配ですよね。

必ずチェックを入れておくようにしましょう。

変換 変換設定

変換タブをクリックして、変換設定をします。

ここでは、「コンバージョンリンクを非表示」にチェックが入っているか確認してください。

チェックが入っていないと、画像を最適化するために「JPGからPNG」「PNGからJPG」など拡張子が変換されてしまいます。

conversion settings

拡張子変換は、画質の低下を起こす恐れがあります。「コンバージョンリンクを非表示」にチェックを入れておきましょう。

クマさん
クマさん

設定完了です。いよいよ使い方だよ!

EWWW Image Optimizerの使い方

「EWWW Image Optimizer」の基本的な使い方は2つです。

 基本的な使い方

1.メディアライブラリに「新規追加」する画像を圧縮

2.すでにメディアライブラリにアップロード済みの画像を「一括最適化」

メディアライブラリに「新規追加」する画像を圧縮

「EWWW Image Optimizer」は、メディアライブラリに「新規追加」する画像を自動的に圧縮してくれます。

いつも通り、画像をアップロードするだけでOKです。

すでにメディアライブラリにアップロード済みの画像を「一括最適化」

すでにメディアライブラリにアップロード済みの画像も圧縮できる機能が、「一括最適化」です。

メディアライブラリだけでなく、WordPressテーマなどサイト上の画像を最適化してくれます。

WordPress管理画面のメニューから、「メディア」の「一括最適化」をクリックします。

最適化されていない画像をスキャンする」をクリックしましょう。

※圧縮した画像は元に戻せません。元の画像データが必要な場合は、バックアップを取っておきましょう。

スキャンが終わったら、「画像の最適化」をクリックします。これでサイト上の画像が順番に最適化されます。

クマさん
クマさん

お疲れさまでした!これで必要な作業はおしまいです。

画像を最適化して、サイトの表示速度アップさせよう!

Illustration by Stories by Freepik

画像圧縮してくれるプラグイン「EWWW Image Optimizer」について説明しました。

分かりやすい記事にするためには、画像はとても役立ちます。しかし、その一方でサイトの表示速度を遅くする原因でもあるのですね。

「EWWW Image Optimizer」をインストールしておけば、自動的に画像圧縮でき、サイトの表示速度アップにつながります。

画像をたくさん使っている、サイトの表示速度が気になる方はぜひお試しください。

WordPress
スポンサーリンク
シェアする
アナログ子をフォローする
TRIGGER BLOG

コメント

アナログ子

こんにちは、アナログ子です。「アナログな自分から変わりたい」ブログ、HTML、CSS、WordPressなど勉強中。自分が困ったこと、気になったことを記事に書いています。好物は「焼きいも」

アナログ子をフォローする
タイトルとURLをコピーしました